虫歯になったら早めに歯医者で治療しよう!

歯医者で実施する虫歯治療の種類【進行度によって異なる】

虫歯になったら早めに歯医者で治療しよう!

口

詰め物をする

虫歯の進行度合いによって、施す治療は異なります。小さな虫歯の場合は、虫歯を削りとった後に樹脂でできなもので詰め物をするのが一般的です。軽度な症状での治療なので江坂エリアの歯医者への通院も1回で済む場合が多いです。

はめ込む

症状が中等度の虫歯になってくると、詰め物では治療ができません。虫歯を削った後に一度歯型を取ります。そして削った箇所にフィットするようなものを製作をします。使用する素材は大体が樹脂や金属です。はめ込むものを製作するには時間を要しますので1回の通院では済みません。2回程度の通院が必要となります。

被せものをする

虫歯のサイズが大きかったり、深い層まで虫歯が進行していた場合、まず虫歯になっている箇所と隣り合った歯を削ります。そして歯型をとるのですが、この時に虫歯になった箇所と隣り合った削った歯を丸々被せるものを製作します。そして被せものができたら削った箇所に被せるのです。この被せものを製作するのにも時間を要しますので、複数回通院する必要があります。

虫歯の治療で保険適用になるケースと適用外になるケース

保険適用になるケース

虫歯の治療で使用される詰め物の材料で金や銀の詰め物があります。このような素材やプラスチックの詰め物は保険が適用されます。銀歯は料金も安く強度がとても高いのが特徴です。

保険適用外になるケース

虫歯の治療で使用される材料でセラミックを使用するときがありますが、これを使用すると保険が適用されません。しかし、この素材の特徴として審美性に優れていて自然な歯に仕上げることができます。

使用される素材も気にしよう

上記のように使用される素材によって保険が適用されるかが決まります。そのため治療費も使用素材によって大きく変わってくるのです。予算と照らし合わせながらどの素材を使用するのがベストなのか担当医師と相談しましょう。

広告募集中